patchblocks.tokyo

Create your own synthesizer

Patternオブジェクトを使って、複数のシーケンスを切り替えられるステップシーケンサーを作成する

Patternオブジェクトは、Sequenceオブジェクトに似ていますが、複数のシーケンスを記録できて、それを切り替えることができます。 0から7までのパターンを持つことができ、これを一番右側のInから数字を受けることで…

Continue Reading

Sequenceオブジェクトを使って、ステップシーケンサーを作成する

Patchblocksにはステップシーケンサーを作るために最適なSequenceオブジェクトが用意されています。 Sequenceオブジェクトには予め数列を与えておくことができ、トリガーを受けるたびに次の数字を出力します…

Continue Reading

DistributeでOutput先を変更する

Distributeオブジェクトは、入力された値を異なるoutputに分配するためのオブジェクトです。選択されていないOutputからはデフォルト設定の値が出力されます。

Toggleオブジェクトで、2つの入力ソースを切り替える

Toggleオブジェクトは、2つの入力ソースを切り替えるために使われます。 切替は、一番左のTriggerインプットをもとにおこなわれます。0から1に値が変化した時に、切り替わります。 ですので、本体のボタンからの値を用…

Continue Reading

Mapで入力値を使いやすい値に変換する

Mapオブジェクトは、入力された値を任意の範囲の数値に変換して出力します。これはMax/MspのMapオブジェクトと同じです。 このオブジェクトを主に使うのは、本体のツマミの値を変換する場合です。ツマミの値はContro…

Continue Reading

MIDIインにブロックを使ってシンセサイザーを作る

まずはMIDI用のブロックを左側につなげます。反対に右側につなげてしまうと、MIDI OUT用になってしまいますので注意してください。 MIDI Note InブロックとMtoFブロック MIDI Note Inブロック…

Continue Reading

フィルターを使う/ノブを使う

シンセサイザーにおいて音色を決める主要なツールはフィルターです。 まずはEffectsカテゴリーからFilter LPを作成しましょう。これはLow Pass Filterで、シンセサイザーのフィルターにおいてもっとも定…

Continue Reading

音声を2つに分ける

Patchblocksは一つのソケットからは「1つの線」しかつなぐことができません。 ですので、1つのソースを複数に分けたいときは「Split」ブロックを使います。Splitブロックの上のソケットに入れたソースを、下の2…

Continue Reading

Patchblocksのパッチの作成方法

Patchblocksのエディターを開く まずはPatchblocksのエディターを開きます。次の画面を開きます。 音をだすためにはAudio Output 音をだすためにはまず、何はなくとも「Audio Output」…

Continue Reading

Patchblocksの初期設定 / 使い方 / プリセットのロード

Patchblocksはmini-USB端子 まず、Patchblocksに使用するUSBケーブルはmini-USBです。これは最初から付属しています。なくした場合にはmini-USBを購入すること。micro-USBと…

Continue Reading

1 2